ここから読み上げブラウザ用のメニューです ニュースへジャンプします おしらせへジャンプします メインメニューへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからメインメニューです

『教育と医学』2021年5.6月号の「バリアフリー絵本の世界」に『くもりのちひかり』をご紹介いただきました。

https://www.keio-up.co.jp/kyouikutoigaku/ NICUで精一杯生きていた我が子に見せたい世界と、その時揺れ動いた母親の心も一緒に描きこんだ絵本です。

『ジュリアンとマーメイド』を、訳者横山和江さんが 『教育と医学』2021年3,4月号「バリアフリー絵本の世界」で紹介してくれました。

https://www.keio-up.co.jp/kyouikutoigaku/ クラウドファンディングで、2020年6月に刊行された、性別によってさまざま与えられる社会・文化からの締め付けを超えて、生き生きと自分らし … 続きを読む »

幼児雑誌『幼稚園』2021年3月号(小学館)「たっちまっちカード」

不思議なでこぼこの模様がついたカードがこの号の巻末についています。同じ模様のカードが2枚ずつ7組、そして別の模様のカードがもう1枚、全部で15枚です。カードを1枚触って、残りのカードから同じものを探すトランプの神経衰弱の … 続きを読む »

赤ちゃん絵本『いないいないばあ』 日本の絵本ではじめて700万部を突破 もっと多くの方に楽しんでもらえるように、「点字つきさわる絵本」にもなって発売されます。

『てんじつきさわるえほん いないいないばあ』 松谷 みよ子 ぶん/瀬川 康男 え 童心社 定価3,960円 (本体3,600円+税) また、『いないいないばあ』への様々な立場の方からの700のメッセージがオリジナル帯の形 … 続きを読む »

『教育と医学』2021年1.2月号 発売開始 <バリアフリー絵本の世界> では、 イタリアのさわる絵本を今井良朗先生(武蔵野美術大学名誉教授)に紹介いただきました。

https://www.keio-up.co.jp/kyouikutoigaku/ 今回今井先生がご紹介くださったイタリアのさわる絵本『わたし、あなた、手 IO, TU, LE  MANI』は動画が以下で公開されています … 続きを読む »

偕成社編集者千葉美香さんの講演会がオンラインであります。 「知ることが大事! を子どもたちへ~子どもの本の編集の現場から」

偕成社編集者千葉美香さんの講演会がオンラインであります。 「知ることが大事! を子どもたちへ~子どもの本の編集の現場から」 日時:12月19日(土)14:00~16:00 ZOOMオンライン(開場15分前) 参加費:1, … 続きを読む »

『教育と医学』2020年11.12月号 <バリアフリー絵本の世界> では、布えほん『たのしいどうぶつえん』 (よこはま布えほんぐるーぷ制作)を林左和子先生に紹介いただきました。

https://www.keio-up.co.jp/kyouikutoigaku/ 静岡文化芸術大学の林左和子先生は2010年ユニバーサルデザイン絵本コンクールを立ち上げ毎年開催してきました。(2020年は中止)『たのし … 続きを読む »

手話で楽しむ絵本(DVD)が発売されています。

偕成社 5000円+税 収録絵本 『ノンタンがんばるもん』キヨノサチコ作・絵 声で読む。手話で読む(字幕あり・字幕なし) 『ともだちや』内田凛太郎作 降矢なな絵 声で読む。手話で読む(字幕あり・字幕なし) 『しゅわしゅわ … 続きを読む »

障害に関することを描いた 「子どもの本のリストNO32」が出ました。

発行 日本子どもの本研究会 「障害と本」の研究部会 2020.8.1 販価750円 42冊の本の解説と1903年から発行されている1154冊の図書リストがあります。 購入は以下より。 日本子どもの本研究会 https:/ … 続きを読む »

国内巡回中「世界のバリアフリー児童図書展2019」の訳本2冊を紹介します。

スウェーデンの愉快な絵本 『うっかりおじさん』 エマ・ヴィルケ作, きただい えりこ訳  朔北社 出版社からの内容紹介 「〇〇〇みなかったかい?」と、うっかりおじさんが読者に話しかける形で、お出かけの準備が進んでいく絵本 … 続きを読む »

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ニュースアーカイブ