ここから読み上げブラウザ用のメニューです ニュースへジャンプします おしらせへジャンプします メインメニューへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからメインメニューです

『さわるめいろ』シリーズが第69回「小学館児童出版文化賞」受賞

「小学館児童出版文化賞」は、児童出版文化の向上に貢献すると認められる作品および作家を毎年選定し、顕彰しているものです。 https://www.shogakukan.co.jp/sites/default/files/m … 続きを読む »

さわるえ&てんじつき 『どちらが おおい? かぞえるえほん』発売開始

著・デザイン むらやまじゅんこ 小学館 表紙「ながいえんぴつと みじかいえんぴつ。 どちらの ほんすうが おおいかな?」 鉛筆の色彩の美しさはご覧のとおり。鉛筆の軸の部分はむっちりとした面でさわれる隆起印刷、削られた芯の … 続きを読む »

『教育と医学』2020年9,10月号  <バリアフリー絵本の世界> では、手話のお話会で楽しまれている絵本を取り上げています。

https://www.keio-up.co.jp/kyouikutoigaku/ 手話とアニマシオンのおはなし会を、きこえない子と手話に関心をもつ子たちを対象に山梨県内の図書館などで開催をしている<まーの・あ・まーの> … 続きを読む »

研究報告誌『ヒーリング・アートとさわる絵本Ⅱ―出版されているさわる絵本を考えるー』 

企画・編集:横山純子・攪上久子 執筆:猪平眞里・攪上久子・川田英利・高見節子・横山純子 女子美術大学ヒーリング表現領域で取り組んできたさわる絵本研究の報告誌の第2弾です。出版されているさわる絵本7冊について、筑波大学付属 … 続きを読む »

『教育と医学』2020年7,8月号発売開始 <バリアフリー絵本の世界> では『いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ』を紹介

https://www.keio-up.co.jp/kyouikutoigaku/ 今号の<バリアフリー絵本の世界>では、新潟リハビリテーション大学大学院リハビリテーション研究科教授の藤澤和子先生に、ピクトグラムで言葉を … 続きを読む »

『ジュリアンはマーメイド』刊行

人魚になったジュリアンの誇らしそうな姿 彼の願いを受け止めるおばあちゃんのぶっきらぼうさ 「マーメイドが、いたね」   「ああ いたね」 「あのね、おばあちゃん。ぼくもマーメイドなんだ」 「そうさ、ジュリアンもね!」 作 … 続きを読む »

NICU(新生児集中治療室)の赤ちゃんの絵本をつくったご両親

cotta pecco作 三恵社 2019 1550円+税 作者cotta pecco(こったぺっこ)について 「こったぺつこ」とは北海道の方言で「ちょっぴり」という意味。 絵描きの妻「yuko」と、自称なんでも屋の夫「 … 続きを読む »

『視覚障害』2020年5月号に、さわる絵本のことを寄稿させていただきました

1963年創刊の月刊誌 『視覚障害』2020年5月号に、さわる絵本のことを寄稿させていただきました。今号では日本のさわる絵本について、次号次々号では世界のさわる絵本について掲載予定です。この雑誌は墨字版・点字版・DAIS … 続きを読む »

『教育と医学』2020年5.6月号
<バリアフリー絵本の世界> 慶應義塾大学出版会発行

モンゴルの「障害」児の療育の支援をしている小児科医の梅村浄先生がご自分のおばあさまから聞いた昔話をもとに作られた、モンゴル語と日本語で上演できる紙芝居が、モンゴルでどんなふうに楽しまれているか、梅村先生がご紹介くださいま …

世界のバリアフリー児童図書展2019(2019IBBY選定バリアフリー児童図書)の翻訳本を紹介します。

世界のバリアフリー児童図書展2019(2019IBBY選定バリアフリー児童図書)の翻訳本を紹介します。 『6この点 点字を発明したルイ・ブライユのおはなし』  ジョン・ブライアント文 ボリス・クリコフ絵 日当陽子訳 岩崎 … 続きを読む »

カレンダー

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ニュースアーカイブ