ここから読み上げブラウザ用のメニューです ニュースへジャンプします おしらせへジャンプします メインメニューへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからメインメニューです

よこはま布えほんぐるーぷ

私たちは布えほんや布遊具の考案・制作・普及・貸出活動をしているボランティアグループです。

<創立>
1976年頃「すべての子どもに読書のたのしみを」と文庫活動をすすめていた<よこはま文庫の会>は当時の会長長崎源之助さんから布えほんつくりを呼びかけられました。長崎会長が考案した『ちょうちょう』ふきのとう文庫の『ビー玉いくつ』後によこはま布えほんぐるーぷを設立された池上従子さん考案の『かくれんぼ』などの布えほんを制作をし、寄贈したり、それらの講習活動を行いました。
1981年6月18日 布えほん制作グループは「文庫の会」より独立し「よこはま布えほんぐるーぷ」として活動をはじめました。
障がいのある子どもたちに、えほんの喜び・おもちゃの楽しさを感じてほしいという思いから、読むだけでなく「さわれる」「はめたり、はずしたり」できるものを考案していきましたが、それは今ではすべての子どもたちに楽しいものになりました。
「自分の子どもにひとつ作ったら、ハンディのある子どもや地域の子どもたちのために、もうひとつを」という初代代表池上従子さんの思いをつないでいます。

<メンバー>
現在会員数は26名 50代~80代まで全員が女性で半数以上が20年以上在籍しています。

<活動>
毎週木曜日(10時-16時)横浜市健康福祉総合センター(横浜市中区桜木町)に集まり、布えほん、布遊具の制作、貸出しを行っています。
その他、講演会、講習会、展示会を不定期で行っています。
また、学校、図書館、福祉関係の施設、子育て支援グループ等に作品の寄贈、販売も行っています。

<作品>
これまでに50種類のえほん、90種類の遊具を考案制作しました。

<作品の特徴>
布、フェルト、ひも、スナップ、ファスナー、面テープ、ボタンなどを使い遊びの中で、はずす、はめる、ひっぱる、おしつける、 あわせる、ほどく、むすぶなどの動作を通して学習できる楽しさをプラスしています。5S(Safety,Soft,Simple,Strong、Surprise)を基本に手作りしています。

参加希望・貸出希望・購入希望などは以下の連絡先にご連絡ください。
よこはま布えほんぐるーぷの作品は
HP https://yokohamanunoehon-group.jimdo.com/
からご覧いただけます。
また、オリジナル作品として 著作権宣言のある作品はこのHP
https://www.bf-ehon.net/nunonoehon からご確認ください。

<連絡先 問い合わせ先>
よこはま布えほんぐるーぷ 代表 松村治美
〒231-8482  横浜市中区桜木町1-1健康福祉総合センター ボランティアセンター内
090-7251-4256
yokohama-nunoehon2014@docomo.ne.jp
「貸出し」連絡先
yokohamanunoehon2016@yahoo.co.jp

2001年IBBY 障害児図書資料センター
Outatnding Book
よこはま初期のころからの作品

2013年IBBY 障害児図書資料センター
Outatnding Book
初代会長池上従子さん遺作