ここから読み上げブラウザ用のメニューです ニュースへジャンプします おしらせへジャンプします メインメニューへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからメインメニューです

投稿カテゴリー

福島からの発信 その3 「避難体験記録 ―原発事故に揺らぐ自主避難者の想いと決断―」

福島からの発信 その3 「避難体験記録 ―原発事故に揺らぐ自主避難者の想いと決断―」

発行:NPO法人りょうぜん里山がっこう

自主避難から帰還された、伊達・福島県北地方の14人の母親たちの切々たる想いと決断が綴られています。
表紙の裏には、こんな1篇の詩があります。

風に刻まれた想い 「三・一一」
         渡辺智教 (あとりえとおの)

   風はたしかに知りたもう
   愛し子 守ろうとしたその想い

   「三・一一」あの日 があって・・・
   想いのなか 迷いのなか
   その地を後にしたこと
   その地に留まったこと
   ・・・いま ここにいること

   裁いていい者など
   なじっていい者など 誰もいやしない

   風はたしかに知りたもう
   愛し子 守ろうとしたその想い
   風は永久(とわ)に知りたもう

A4判で56ページ。冊子は福島県内の自治体や各県の支援団体に配られ、希望者には無料提供してくださるそうです。
連絡先はNPO法人「りょうぜん里山がっこう」080(3339)0657。