ここから読み上げブラウザ用のメニューです ニュースへジャンプします おしらせへジャンプします メインメニューへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからメインメニューです

投稿カテゴリー

福島からの発信 その10 認定NPO法人 市民公益活動パートナーズが、『場つくりノート』を作りました。

これからの福島を、
地域に暮らす人たち自身の手で創っていく。
そのためには多様な「場つくり」が大切だけど、
そうそう簡単にはいきません。
紹介した7つの事例が、
チャレンジする人たちへのエールとなりますように。

2018年6月30日
認定特定非営利活動法人 市民公益活動パートナーズ

Case study 01 本とおしゃべりで地域と人をつなぐ
地域図書館「かべや文庫(いわき市)

Case study 02 自分の町は自分でつくる 大人も子どもも「みんなめんこくなるまち」づくり
ふるさと豊間復興協議会(いわき市)

Case study 03 私もあなたも当事者。集まった同士で支え合う
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島&「ふくしま総合相談支援センター」 (郡山市)

Case study 04 人と人のご縁を大切に響き合い、支え合いながら、賑わい、憩い、元気を創出
一般社団法人いちばん星プロジェクト南相馬(南相馬市)

Case study 05 地域で暮らす、すべての人たちの拠りどころ「みんなの家」&「みんなの家セカンド」
NPO法人ビーンズふくしま(福島市)

Case study 06 誰もが参加できる持続可能な地域社会の実現を目指して
NPO法人くらスタ(田村市)

Case study 07 復興公営住宅自治会と地元町内会・住民をつなぐ試み
認定NPO法人市民公益活動パートナーズ

この冊子をご希望のかたは、 メールアドレスinfo@partners-npo.jp に
ご氏名、郵便番号とご住所、冊数などをお送りください。