ここから読み上げブラウザ用のメニューです ニュースへジャンプします おしらせへジャンプします メインメニューへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからメインメニューです

世界のバリアフリー絵本展 2005年版

*下記は↓2006年~2008年にかけて開催しました絵本展の「開催要項」と開催記録です

世界のバリアフリー絵本展

THE RIGHT BOOKS FOR ALL CHILDREN

主催: (社)日本国際児童図書評議会(JBBY)

企画: 国際児童図書評議会(IBBY)障害児図書資料センター

JBBY世界のバリアフリー絵本展実行委員会

 

◆開催趣旨◆
THE RIGHT BOOKS FOR ALL CHILDREN

日本は世界でも有数の出版大国です。けれど、本にあふれた国日本にも、まだ、本の楽しみが届かない子どもたち、本屋さんや図書館が自分たちが参加できる場ではない子どもたちがたくさんいるのです。本が楽しめないのではなく、楽しめる本がない子どもたちがたくさんいます。どんな子どもたちでしょうか。「見えない」「読めない」「わからない」「行けない」そうした読書環境に在る子どもたちです。それらの子どもたちにはデザイン・言語・レイアウト・絵などがその子のニーズのあった、しかも文学的にも美術的ににもよい要素を十分もった本が必要です。

IBBY障害児図書センターでは、隔年で世界各国から集めた資料の中から40冊をえらび、「Outstanding Books」としてリストをつくり、それらの本を巡回展示しています。この展示会は、2005年度の、Outstanding Books40冊です。日本の本が6タイトル含まれています。「障害」は多様なものであり、1冊の本でその全ての問題が解決できるわけではありませんが、そのアプローチを知って出版や読書活動に生かしていくことは可能なことです。また、こうした本は、制作も出版も販売も、多くのバリアを関係者の努力で越えてなされます。絵本展開催にあたりましては、こうした本の存在や必要性を社会の皆様に知っていただき、日本ではまだほとんど取り組まれてない分野の本も、今後研究が進み、普及されていきますことを願っております。

 

◆開催要項◆
◎対象 小・中・高校・大学、図書館 または展示会場のある団体

◎展示内容
世界のバリアフリー絵本14カ国40タイトル+邦訳本(現在2冊) キャプションつき(B4サイズ 40枚)パネル8枚 A4サイズ ◎開催条件
貸し出し期間 1会場2週間とします。
費用 企画手数料 40,000円(税込み42,000円 一会場につき) ※展示物送料は実費。 その他の展示にかかる費用は開催者負担

◎留意点 少数出版などの関係で再入手困難な本が多いことや、パーツがはずせる本、 壊れやすい本等が多いため、会場には必ず絵本を管理するスタッフを随時つけてください。

◎その他
1)開催期間中、日本のバリアフリー絵本関係の講演会ないしはワークショップなどの講師のご紹介をいたします。ただし、それらに関わる費用は全て開催者の負担となります。
2)開催者独自の企画を付け加えていただくことも構いません。

 

開催場所 開催場所 開催者
2006年11月13日 出版クラブ会館 JBBY
12月23,24日 絵本ワールドinとっとり 新日本海新聞社西部本社
2007年2月3,4日 絵本ワールドinとちぎ 下野新聞社
3月30日~4月1日 ゲートシティ大崎(国際子どもの本の日) ゲートシティ大崎・JBBY
4月23日 オリンピック記念青少年センター(東京都) 文科省ショウ(子ども読書の日)
6月11日~21日 昭和学院高等学校図書館(千葉県) 昭和学院高等学校図書館
6月25日~7月6日 実践女子短期大学(東京都) 実践女子短期大学生活福祉学科
7月26日~29日 鳴戸市立図書館(徳島県) NPO法人 ふくろうの森
8月1日~31日 岡田童話館(熊本県) 岡田童話館
9月4日~11日 春日井図書館(愛知県) 春日井図書館
9月15日~25日 有馬富士自然学習センター(兵庫県) 有馬富士自然学習センター キッピーフレンズ
9月29日~10月14日 高知城ホール(高知県) 高知こどもの図書館
10月16日~27日 鹿本図書館(熊本県) 鹿本図書館
10月30日 オリンピック記念青少年センター(東京都) 日本図書館協会全国大会
11月1日~14日 日本福祉大学図書館(愛知県) 日本福祉大学図書館
2008年1月20日~26日 仙台市民図書館(宮城県) 仙台市民図書館
3月8日~23日 浜松市立城北図書館(静岡県) 静岡芸術文化大学有志&浜松市立城北図書館

 

IBBYカタログ へのリンク



この文は次の言語で読めます: 英語